院長瀬川のつれづれ日記

ミスを防ぐコツ♪(仕組みを活用する)

みなさん、こんにちは!!
今日はめちゃくちゃ寒さが厳しくて、道路とか車の窓ガラスがカチカチでしたね。びっくりしました。
最近、交通事故の患者様も多いので、みなさん、運転には十分注意して下さいね!

やっちまった!さて、今回は、院内で起こった事務処理のミスから、スタッフ内でミーティングをした内容をかいつまんで考えてみたいと思います。

まず、大前提として、ミスって出来る限り起こさない方がいいですよね?(笑)
みんながこの共通認識でいる中、なぜ、ミスってなくならないんでしょうか

単的に言うと、日々のオペ―レーションに「人が介在する」から。僕は、人が介している以上「ミスは絶対になくならない。」と考えています。(ミスしない人絶対にいないでしょ?)

これは、良い意味でも悪い意味でも言えますが「人って、個人の経験感覚で動く生き物」だからです。経験を積めば積むほど、感覚(慣れ)で過信(怠慢)するようになる。これがミスが起こる要因の一つです。

さて、これを、慣れ(すぎ)てる施術者の観点で考えてみましょう。
足首の捻挫で来院された患者様がいたとして…。熟練の慣れ(すぎ)た先生だと、

患:「部活で足首捻りました~」
先:パッと見て「腫れも強くないし、捻挫だね~」

となってしまいます。(さすがに、こんなズサンな先生はいないと思いますけどね。(笑))

・腫れが強くない場合、捻挫の可能性はゼロなの?
・どんな捻り方をしたかを聞かないの?
・他の所見はチェックしないの?
この辺りは誰でも疑問に感じる訳です。

なので、客観的に判断できる材料にもなる、カウンセリング・検査(チェック)がとっても重要になる訳ですね♪

当院では、基本的に、感覚(慣れ)が介在しすぎるとマズイ部分(ミスが起こりそうな部分)には、チェックシート等の仕組みを作って、その人以外の人がチェックする仕組みを作って対処しています

既存の仕組みがあれば、既存のものを活用する。既存のものがないなら作っちゃう。
仕組み化ってめちゃくちゃ大切です。

それではまた♪

腰痛や骨盤矯正に強い接骨院|おれんじ鍼灸接骨院
住   所
〒923-0832 石川県小松市若杉町ニ45番4
ア ク セ ス
JR小松駅から車で7分 若杉マルエーさんから車で1分!
代表施術者
瀬川 潤
受付時間
AM  8:30〜12:30
PM 15:00〜19:00
※予約優先制
定休日
日曜・祝日・土曜の午後
TEL. 0761-21-1777
インターネット割引