おれんじ鍼灸接骨院 HOME  >  当院の交通事故治療

当院の交通事故治療

もし交通事故に遭ってしまったら・・・

1.事故の発生と対応
1.事故の発生と対応交通事故に遭ったら、すぐに運転を停止し、加害者・被害者を問わず、負傷者がいる場合は、速やかに救護しましょう。
(場合によっては救急車を呼びます。)
2.警察への届け出
2.警察への届け出交通事故に遭った旨を必ず警察に連絡しましょう。
警察への届け出を怠ると保険金(慰謝料や治療費)を請求する際に必要な「交通事故証明書」が発行されません。

また、届け出は「人身事故」にして下さい。
(人身事故にしないと自賠責保険を使って治療ができないことがあります。)
3.必要情報の収集
3.必要情報の収集事故処理に必要な情報を収集しましょう。

・相手の運転免許証(氏名・住所)
・相手の車の登録ナンバー
・相手の自賠責証明書の証券番号と保険会社

は、事故処理を進める上で最低限必要です。(スマートフォンなどのカメラ機能を利用するのも有効です。)
4.自分の任意保険会社に事故連絡をする
4.自分の任意保険会社に事故連絡をする自分が加入している任意の自動車保険会社に事故の連絡をしましょう。

(本来は加害者が、加害車両が加入している任意保険会社に連絡をするのですが、被害者本人も連絡した方が手続きがスムーズです。)
5.病院で診察し、診断書を発行してもらう
5.病院で診察し、診断書を発行してもらう医師の「診断書」があった方が、自賠責保険を使った治療を行う上で非常にスムーズです。出来るだけ早く病院で医師の診察を受けましょう。

また「診断書」をもらう場合、以下の事に注意して下さい。

1.交通事故による負傷の場合、事故当時は軽傷に思えても、2~3日後に痛みが強くなる事がよくあります。その場合は、速やかに病院で診察しましょう。

また、事故を「物損事故」扱いにしてしまった場合、速やかに警察に連絡し「人身事故」に切り替えましょう。)

2.診断書に記載された「負傷名」が、自分の症状と合っているか確認しましょう。
例えば、首・背中・肩・手首が痛いにも係わらず、診断書に「首」のことしか記載されていない場合、治療対象に「首」しか認められなかったり、後日、病院で「診断書」を再発行してもらう場合があります。
6.加害者側の任意保険会社に治療の連絡する
6.加害者側の任意保険会社に治療の連絡する電話で、加害者の任意保険会社に「おれんじ鍼灸接骨院での治療を希望する」ことを伝えて下さい。
1.カウンセリング
1.カウンセリング交通事故専用のカウンセリングシートを使い、交通事故の状況確認(事故の起こった角度・強さ・過失割合など)を含め、痛みのある部位と身体症状(頭痛・吐き気・不眠・時間帯による症状の変化など)の詳しい状況を確認していきます。
2.負傷部位の検査
2.負傷部位の検査カウンセリングに基づいて、負傷部位の検査や、痛みの確認を行います。
3.全体的な神経(筋)バランスの検査
カウンセリングや症状に応じて、神経反射検査(筋抵抗検査・下肢長検査)を実施します。
 
3.全体的な神経(筋)バランスの検査
4.施術
カウンセリングと各検査の結果、および全体的な症状の範囲や強さ、患者様の通院可能頻度などから、初回の治療を決定します。
 
4.施術
5.治療計画の説明
5.治療計画の説明今後の治療頻度や次回来院日、日常生活での注意点などを説明します。
6.お会計
6.お会計お支払いはありません。
7.保険会社への連絡
7.保険会社への連絡症状の経過報告や治療期間の交渉、治療に関する事務処理は、おれんじ鍼灸接骨院が行いますので、ご安心下さい。
腰痛や骨盤矯正に強い接骨院|おれんじ鍼灸接骨院
住   所
〒923-0832 石川県小松市若杉町ニ45番4
ア ク セ ス
JR小松駅から車で7分 若杉マルエーさんから車で1分!
代表施術者
瀬川 潤
受付時間
AM  8:30〜12:30
PM 15:00〜19:00
※予約優先制
定休日
日曜・祝日・土曜の午後
TEL. 0761-21-1777
インターネット割引