交通事故Q&A

交通事故治療において、よくある質問をまとめました。質問をクリックすると、回答が表示されます。

初めて来院する際に提出する書類は何が必要ですか?

特に書類がなくても問題ありませんが、病院で発行してもらった「診断書」の原本またはコピーがあればお持ち下さい。

診断書などの証明書は発行してもらえますか?

交通事故の症状の診断には、レントゲンやMRI等の科学的検査も必要な場合がありますので、まずは病院を受診して医師に診断書を発行してもらって下さい。

その際、ご自身が自覚している症状と、診断書に記載されている部位が一致していることが、とても重要になりますので、チェックして下さいね。

症状が軽くても自賠責保険で治療を受けられますか?

もちろん治療を受けていただくことが可能です。
交通事故が原因の症状であると診断されれば、自賠責保険を用いて治療を受けることができます。
(過失割合100%の場合を除きます。)

交通事故の治療で整形外科と接骨院(整骨院)の両方に通院しても良いのですか?

もちろん大丈夫です。

患者様の職場の場所や診療時間の関係で、日常的には当院で施術を行い、定期的に医師による診察や経過報告をしっかり行うのが良いでしょう。

むしろ併用された方がいいですね。

施術部位に制限はありますか?

ありません。例えば、首・腰・足などを同時にされても、全ての部位を施術可能です。

ただし、基本的には診断書(または病院のカルテ)に記載されている部位(または患者様の自覚症状の申告を相手保険会社が認めてくれた部位)が施術部位となります。

交通事故の初期段階で、痛みのある部位や、違和感のある部位は、症状が軽くてもしっかりと医師に伝えることが大切です。

交通事故が起きた時は痛くなかったのに、何日かして痛くなってきたのですが…

交通事故による「むちうち症状」が、時間が経過してから現れる事はよくあります。

交通事故の影響が考えられる場合、どう処理していいか不安な場合、まずは、お気軽にご相談下さい。

病院において、再検査をお願いする場合もありますが、その都度、ご説明させて頂きます。

現在、別の医療機関に通院しているのですが、症状が改善されません。おれんじ鍼灸接骨院に変更することはできますか?

もちろん変更が可能です。
保険会社にその旨をお伝え下さい。

病院ではもう異常がないと言われましたが、まだ首に違和感があり、たまに頭痛があります。どうすればいいですか?

筋肉や関節の違和感(こわばり・ダルさ等)が残っていても、レントゲンやMRI等の科学的検査(画像検査)では、異常が現れないことがしばしばあります。

その様な症状においては、当院の交通事故の専門的な施術プログラムにより、十分な対応ができますので一度ご相談下さい。

保険会社が薦める医療機関に行く必要はありますか?

保険会社によっては、医療機関を指定しようとする場合がありますが、ご自身で通院先を決めて構いません。(医療選択の自由)

ご自身で納得のできる医療機関を選択して下さい。

病院(整形外科)と、接骨院(整骨院)は、何が違うのですか?

病院では投薬(注射・薬の処方)が認められています。 また、レントゲンやMRIなどの科学的検査によって、見た目では分からない部分を調べることが出来ます。

一方、接骨院では徒手検査や手技療法を使い、科学的検査では判断できない、主に筋肉の症状(こわばり・ダルさ等)の施術を得意としています。

おれんじ鍼灸接骨院では、さらに骨盤矯正や背骨矯正・鍼灸(はり・きゅう)・カイロプラクティック(アクティベーターメソッド)を併用する、専門的な「交通事故プログラム」を行いますので、神経症状やバランス調整による幅広いアプローチと、より高い施術効果を期待することが可能です。

●おれんじ鍼灸接骨院アクセスマップ