こんな症状ありませんか?
手足のしびれやだるさ

手足のしびれやだるさ
手足のしびれやだるさの原因と治療について
事故直後や間もない間におこる手足のしびれやだるさ
手足のしびれやだるさ交通事故直後や間もない間におこる手足のしびれやだるさについては、神経根の損傷が原因の場合、検査で判明する場合が多いです。
交通事故による打撲、擦り傷や切り傷、骨折といった負傷も治ります。
症状も時間の経過とともによくなっていくのが患者さんご自身も分かると思います。

 

事故からしばらく経ってに出てくる手足のしびれやだるさ
しかし、交通事故の被害で患者さんを悩ませる症状に多いのは、交通事故の後や、しばらく経ってから出てくるケースです。
このようなケースの手足のしびれやだるさは、長期化するこもあり、日常生活に支障をきたします。

 

「神経根損傷」による手足のしびれやだるさ
手足のしびれやだるさ人間の首・背中・腰につながる背骨には脊髄が通っており、そこからは手足に向かって末梢神経が通っています。その末梢神経が脊髄から出ている根元の部分が神経根です。
「神経根損傷」は、その神経根に強い圧迫がかかったり、引き抜かれる様な力がかかって損傷して起こります。「神経根損傷」の症状は、まず手足の痛みやしびれ、だるさや知覚障害、筋力低下や筋萎縮、冷え症や脱力感などが見られる場合があります。
「手足のしびれやだるさ」は「神経根損傷」の代表的な症状なので、「神経根損傷」が真っ先に疑われます。
また、咳やくしゃみをしただけで症状が悪化してしまうこともあるので日常生活においても注意が必要です。

 

「神経根損傷」の検査は病院でも100%の診断を得られていません
「神経根損傷」は、神経学的な検査で確認できるので、病院の造影検査などで所見があれば後遺障害として認定されやすくなります。
しかし、造影検査は技師の技量や医師の診断力にも影響を受けやすいので、見落とす可能性もあり100%の診断を得られていないのが現状です。

 

当院では痛みもなく簡易的判断できる方法で治療します
痛みもなく簡易的判断できる方法で治療神経学的な検査の他に、「神経根損傷」を簡易的に判断できる方法があります。
神経根は、脳と脊髄からなる「中枢神経」と身体の隅々に行き渡る末梢神経の分岐点にあたる場所なので、身体のどの部分に症状が見られるかを診ていけば、どの部位の神経根に損傷があるのかを推測できます。例えば手のしびれは、頚椎の中でも頚椎の下の部位の「神経根損傷」疑います。
足のしびれは下半身をつかさどる腰椎の「神経根損傷」を疑います。当院ではこのような方法で、「手足のしびれやだるさ」の原因を診ていきます。

 

手足のしびれやだるさの改善方法
手足のしびれやだるさの改善方法神経根損傷による「手足のしびれやだるさ」に対しては、鍼灸施術(はり・きゅう)や、骨格の歪みの調整、血流を改善するストレッチ、軽い運動が効果的です。
さらに当院においては、北陸唯一のANJ認定のアクティベータメソッド・カイロプラクティック施術者も在籍しているので、低刺激で安全なカイロプラクティック施術を受けることが可能です。
また、自己流のストレッチやマッサージは悪化の原因となることもあるので行わないようにしてください。
「手足のしびれやだるさ」が広範囲にわたる場合は症状が悪化している可能性もあるので、病院で検査を受けることをお勧めします。

 

「手足のしびれやだるさ」でお悩みの方は、
小松市のおれんじ鍼灸接骨院にご相談下さい
numb_illust3当院では神経に沿った手技や鍼灸施術(はり・きゅう)をはじめ、自宅でできるストレッチや運動もアドバイスしています。
「手足のしびれやだるさ」でお困りの方は、小松市のおれんじ鍼灸接骨院にご相談下さい。
●おれんじ鍼灸接骨院アクセスマップ