目に見えるケガだけではありません!!
交通事故によるケガや症状

交通事故によるケガや症状
交通事故によるケガや症状について
交通事故によるケガや症状交通事故に遭われた方がよく悩まれたり、不安に 思われる症状は「むちうち」と「原因がはっきりしない体調不良」です。
さまざまなケガや身体の不調をもたらす、交通事故によるケガや症状の一例を紹介します。

 

ケガ(外傷)
切り傷や擦り傷、身体に強い衝撃がかかった状態で無理をしてバランスを保とうとしたことによる 捻挫や脱臼、身体が車内に打ち付けられたことによる打撲、打ち所が悪く骨折や靭帯損傷など、ケ ガの種類もさまざまです。
このようなケガは、レントゲンなどの画像検査や、視診・触診で原因がはっきり解るので、施術箇 所が特定できます。

 

交通事故で最も身体の悩みが多い「むちうち」
交通事故で最も身体の悩みが多いむちうち「むちうち」は、首の痛みだけではなく、頭痛やめまい、吐き気や肩こり、手足のしびれ等も引き起こします。
また、「むちうち=首」の様なイメージがありますが、腰でも多くの症状が現れます。
「むちうち」で特徴的なのは、事故直後にはなんともなかったのに、数日~1週間程たってから症状が現れることです。時間が経ってから症状が現れるため、交通事故の影響で発生しているのか、医師によって判断が分かれる場合もあるので、交通事故に遭われたら早めの相談・施術の開始が重要です。

 

神経の異常
神経の異常頚椎や腰椎のケガ、体のバランスの異常による「神経の異常」も見られることがあります。
「神経の異常」は、痛みだけでなく、筋肉の緊張(張り)や痺れ、頭痛やめまいなどの症状も出てくる場合があります。
このような神経の異常は、検査によって明確になるものもあれば、明確になりにくいものもあります。
また、ケガの部位と症状の発生部位が一致しないこともあります。

 

体調不良
体調不良主に、頭痛、吐き気、耳鳴り、めまい、不眠といった症状です。
また、胃腸機能低下、食欲不振といった消化器系統の不調が出てくる方もいます。
さらに身体の部分的な不調以外にも、なんとなくだるい、普段と違う身体の違和感、脱力感で何もやる気が起きないなど、説明しにくい症状が出てくる場合もあります。病院では、精神的な病気と見なされ精神系の薬を処方されることもあります。

 

原因がはっきりしない体調不良
その症状、むちうちが原因かもしれませんよ!交通事故によるケガで、整形外科の検査では問題なかったのに、体調不良の症状が出てくることが多々あります。
この原因がはっきりしない「目に見えない体調不良」は、検査でも原因が明確にならないので、交通事故に遭われた方にとっては不安が多く大問題です。また、現れている身体の不調が、交通事故が原因なのか明確な診断結果が出ないため、自賠責保険の請求に支障をきたすこともあります。

 

交通事故による「身体の不調」でお悩みの方は、おれんじ鍼灸整骨院にご相談ください
おれんじ鍼灸整骨院にご相談ください!交通事故によって引き起こされる身体の不調は広範囲にわたります。
交通事故後の身体の不調は安易に自分で判断せず、専門家に受診(相談)して、「交通事故の影響なのか?そうではないのか?」をきちんと確認することをお勧めします。
交通事故による「身体の不調」でお悩みの方は、小松市のおれんじ鍼灸接骨院にご相談下さい。
●おれんじ鍼灸接骨院アクセスマップ