こんな症状ありませんか?
むちうちによる首の痛み

むちうちによる首の痛み
むちうちの痛みの原因と施術について
首の痛みの原因の多くは「むちうち」
レントゲン(骨)に異常がなくても、周辺の筋肉や靭帯はダメージを受けているんですよ。首の痛みの多くは、頚椎捻挫型の「むちうち」。
交通事故による被害で最も多く見られる症状です。交通事故の後に首の痛みを感じたら、まず「むちうち」が考えられます。
「むちうち」は、頸部挫傷や頚椎捻挫などと呼ばれる首・肩周辺におこる症状の総称です。
首が動く範囲を超えて曲げたり伸びたりして、首の関節や靭帯、筋肉の軟部組織が傷ついたときににおこります。

 

画像検査では分からない症状「むちうち」
画像検査では分からない症状「むちうち」交通事故によるケガの中で「むちうち」は、判断が難しい症状の一つです。レントゲンやCT、MRI等の画像検査では明らかな所見が見られないことが多く、整形外科でレントゲンを撮って「骨には異常はないですね。」と説明されるのに、身体の痛みや違和感、だるさを感じることがあげられます。

 

症状が出てくるのは数日~数週間経ってからということも
症状が出てくるのが事故直後ではなく数日経ってからという場合や、首の痛みではなく頭痛やめまい、吐き気、耳鳴りなど、外傷による症状以外の症状も多く発生するため判断を難しくしています。

 

「むちうち」の症状

「むちうち」は、頚椎捻挫型、根症状型、バレ・リュウ型、脊髄症状型、脳髄液減少型に分類されます。

頸椎捻挫型

むちうちの中でも代表的なタイプで、70~80%を占めると言われています。
後ろから追突された交通事故で多く見られ、頚椎の靭帯が伸びきったり傷ついたりして頚椎が捻挫した状態になり、首の凝りや違和感、強い張りといった症状がおこります。

根症状型

むちうちの中でもよく見られるタイプで、首や肩の症状だけでなく、手足のしびれやだるさ、後頭部の痛みなど、主に神経が圧迫されていることが原因で起こる症状です。
くしゃみや咳で症状が強まることもあります。

バレ・リュウ型

首の痛みに加えて筋肉の張り(凝り)、耳鳴りやめまい、頭痛などが起こり、首の損傷によって自律神経(主に交感神経)が刺激をうけて発症します。
「後部交感神経症候群」とも言われ、椎骨動脈の血流不全によって起こります。

脊髄症状型

脊髄が損傷してしまった場合、下肢がしびれたり、知覚障害が起きたりします。また、症状が強い場合には歩行障害がでたり、尿や便が出にくくなったりする、直腸膀胱障害が起こることもあります。

脳脊髄減少症(底髄液圧症)

脳脊髄液がなんらかの影響で漏れだし、一定であるはずの髄液圧の低下が認められるものです。
全ての人に見られる訳ではありませんが、特徴的な症状として起立性頭痛(起き上がると頭痛が増強)があげられます。

 

「むちうち」には早期施術が一番です!
交通事故施術・むちうち施術は当院の得意分野です!「むちうち」は、一般的に3ヶ月くらいで落ち着いてきたり、良くなるといわれていますが、痛みが長期間にわたって大変な思いをする方もいます。
何よりも「むちうち」には早期施術が一番なので、痛みの長期化を避けるためにもできるだけ早くしっかりした専門の施術を受けることが大切です。

 

「むちうち」でお悩みの方は、おれんじ鍼灸接骨院にご相談下さい
whip_illust3おれんじ鍼灸接骨院では、患者様の身体をしっかり見させていただいた後、カウンセリングもしっかりと行い、施術方針・計画を説明してから施術を行います。
「むちうち」でお困りの方は、交通事故施術・むちうち施術で多数の実績がある小松市のおれんじ鍼灸接骨院にご相談下さい。

●おれんじ鍼灸接骨院アクセスマップ