各症状と施術例
■症状:

雪かきで起こった腰痛/ぎっくり腰の応急処置の考え方

雪だるまこんにちは!
いつも石川県小松市、および近隣の加賀市・能美市・川北町からも多くの患者様にお越し頂き本当にありがとうございます。

今年の冬は何といっても大雪!1月と2月に大雪があり、毎日大雪に関するキーワードが飛び交い、交通渋滞や交通事故、または除雪によるケガや災害などのニュースが毎日のように流れています。
雪国の北陸でもここ数年は、積雪というほどの積雪がなかったため、今回の大雪には本当に驚きました。
そんな中、毎日毎日雪が降り、それに伴ってあなたの生活と切っても切り離せなかったのが「雪かき」ではないでしょうか。
小松市のおれんじ鍼灸接骨院のスタッフも、ここ何年かの雪かきをまとめてやったのではないかと思うくらい、毎日毎日降り積もる雪と大格闘して筋肉痛に泣いていました。(笑)

この時期の定番!雪かきでの腰痛・ぎっくり腰!

腰痛そして、当院の患者様で1月~2月にかけて圧倒的に増えたのが、交通事故(むちうち)の患者様と、雪かきを行っている時に起こしてしまった「ぎっくり腰」の患者様。または、雪かきをしている最中は大丈夫だったのに後から段々腰が痛くなってきた「腰痛」の患者様です。具体的にはどんな原因で「ぎっくり腰」や「腰痛」が発生した患者様が多かったかというと、
  • 雪を持ち上げようとしてしゃがんだ瞬間に腰に痛みが発生した。(ぎっくり腰)
  • スコップの雪を遠くに投げ飛ばそうと上半身を捻ったら腰に痛みが発生した。(ぎっくり腰)
  • 雪かきをしている最中から徐々に徐々に腰が痛くなってきた。(筋緊張性腰痛)
  • 雪かきをした翌日の朝から腰が痛くなってきた。(筋緊張性腰痛、筋疲労性腰痛)
  • 雪道にはまって動かない車を押そうと力を入れたら腰に痛みが発生した。(ぎっくり腰)
  • 雪かき後、気づいたら腰からお尻にかけて違和感と感覚が鈍いことに気づいた。(筋緊張性腰痛・筋緊張性による神経障害)
などなど、一言で「ぎっくり腰」や「腰痛」といっても、その発生状況や原因、痛みの強さ、痛みの出る部位(筋肉)は様々です。
まずは、雪かきを行ったことで発症した「ぎっくり腰」や「腰痛」を簡単に分類してみましょう。
 

びっくり仰天!雪かきの負担はバスケットボールと同レベル!

雪かきと、その前に雪かきがいったいどのくらい身体や筋肉に負担がかかっているのかを理解しておきましょう。
運動・スポーツ(動作・体操)には、運動強度「METs(メッツ)」という考え方があります。
METs(メッツ)とは、体格差・筋肉量などによって運動量の差が出ないように考慮された運動強度の指数で、安静時を1メッツ、歩行時を3メッツ等と定められています。
(※詳細は下表(抜粋)を参照して下さい。)
1.0METs(メッツ)安静
3.0METs(メッツ)ボーリング
3.5METs(メッツ)柔軟体操、ウォーキング
4.0METs(メッツ)バレーボール、体操
5.0METs(メッツ)野球・ソフトボール
6.0METs(メッツ)バスケットボール・筋肉トレーニング・雪かき
7.0METs(メッツ)スキー・スケート
8.0METs(メッツ)ランニング・サイクリング
※スポーツは全て一般運動レベル(試合ではないレベル)です。

そして、その中で雪かきはどのくらいなのか?
な、な、なんと!「6.0メッツ」です。バスケットボールや筋肉トレーニング(筋トレ)と同程度の負荷なんですね!!
それを踏まえた上でちょっと原因を考えてみましょう!
雪が降ってる寒い日に、準備体操や柔軟体操をしない状態で、いきなりバスケットボールや筋肉トレーニング(筋トレ)をするとどうなるか・・・?!
当然のことながら筋肉を傷めたり、関節を傷めたりしそうですよね。
 

あなたの腰痛・ぎっくり腰を大まかに分類します!

タイプまず、あなたが雪かきをしたことによって出た腰痛・ぎっくり腰が、いつのタイミングで出た腰痛なのか、原因を明確にしましょう。
基本的に何かの動作をした瞬間(原因)や、どこかの筋肉に力を入れた瞬間(原因)で腰痛が発症した場合は「ぎっくり腰(急性の腰痛、筋肉や関節の怪我が起因する腰痛)」である可能性が高いです。
また、最初は痛くなかったのに後から徐々に痛くなってきた。または、翌日になったらかなり痛かった。という場合は、筋肉の過剰な緊張や筋肉の膜(筋膜)に炎症を起こした「筋緊張性腰痛・筋膜性腰痛」の可能性が高いです。

これらのタイミング(原因)の分類ができたら、今度は「痛みの度合い」をチェックしましょう。
あなたが感じている腰痛の度合いは、あなたにしか分かりませんのである程度の目安(基準)を作るために数値化すると分かりやすいかも知れません。

例えば、腰の痛みや周辺の筋肉の痛みを10段階で考えてみて
10:めちゃくちゃ痛い/動けない
 0:どんな動作をしても痛みが出ない
のように自分の中で目安(基準)を作ってみて下さい。

おれんじ鍼灸接骨院でよく患者様から伺う痛みが「10レベル」の方は、
・日常生活はおろか寝返りをするだけで痛い
・人に支えてもらわないと歩くのが困難
・腰痛の場所に常に手を当てていないと動くのが恐い
・腰周辺の筋肉が突っ張って動けない
のような症状になっている方が多いです。
 
・鋭い痛み
・動作が困難なくらい痛い
・鈍い痛み(鈍痛)
・重ダルイ、痛みの範囲が広め
・雪かきの最中に急に腰痛が出た
・腰痛が出たタイミングが明確
・雪かきが終わってから(翌日含む)腰痛が出た
・腰痛が出たタイミングが不明確

タイプ別:自分でできる腰痛の対処方法!

ヘルス

腰痛・ぎっくり腰が発症したタイミング・原因・痛みの強さ等が明確になったら、まず自分で出来る適切な処置をおこないたいですよね。 あなたの腰痛・ぎっくり腰がタイプA~Dに分類できたら、それぞれによって下記のような処置を意識して行えると早く回復することが多いです。

Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ

  • まずは安静にして下さい。
  • 湿布は冷湿布を貼って下さい。(温湿布はNGです。)
  • 初期の段階では熱いお風呂に長く入ることは避けて下さい。
  • お休みになる時は左右で痛い方を上で横向きになり、身体をくの字に曲げる(軽く丸まった姿勢)ようにして下さい。
  • どうしても動かなくてはならない時はコルセットを着用するようにして下さい。
  • 速やかに医療機関を受診して下さい。

    ※Bタイプ・Cタイプの場合、腰痛の出る動作や状況、痛みの出る筋肉や関節、または検査や腰の可動域によっては、初期段階でお風呂で温めたり、温湿布を貼った方が回復が早くなるケースもありますが、ご自身で判断する場合はAタイプと同じ考え方で対応して下さい。
Dタイプ

  • 動くことによって腰痛や周辺の筋肉の痛みが増強するようであれば安静にして下さい。筋肉や関節に動きをつけることで、腰痛が楽になる場合は特に安静にする必要ありません。
  • 筋肉や関節に動きをつけることで腰痛が楽になるようであれば、軽い体操やストレッチを行って下さい。
  • 熱すぎないお風呂にゆっくり浸かって筋肉の負担・筋肉の疲労をしっかり取り除き、身体の血流を上げて下さい。
  • お休みになる時はあなたの身体が「楽」「寝やすい」と感じる姿勢でお休みになるようにして下さい。(うつ伏せはNGです。)
  • 1~2日で楽にならない場合や変化がない場合、逆に腰痛や症状が増強してしまう場合は、医療機関を受診して下さい。

雪かきでの腰痛・ぎっくり腰を予防する為の秘訣

秘訣・OKいかがでしたか?
雪かきは非常に身体や筋肉・関節に負荷がかかり、かつ腰痛・ぎっくり腰の原因になりやすい作業です。

  • 重い雪を持ち上げなくてはならない
  • 反復的な動作をやり続けなくてはならない
  • 筋肉や関節に負担や疲労がかかりやすい
  • めちゃくちゃ寒い中おこなう作業である
  • 普段からやりなれない運動動作が多くある
それらを理解した上で、腰痛・ぎっくり腰を予防するためには、以下のことを気を付けて雪かきを行いましょう。

  • 準備体操、ストレッチ対応を事前に行いましょう。
  • 無理に重い雪を持ち上げることは控えましょう。(小分けにして)
  • 腰を曲げるのではなく、膝を曲げて重心を低くして雪を持ち上げましょう。
  • 雪を動かす時に腰(上半身)を捻って反動を使うのはやめましょう。
  • コルセットをお持ちの方はコルセットを着用しましょう。
  • コルセットをお持ちでない方は、お腹に力を入れながら(腹圧を上げる)作業をするようにしましょう。
もしかすると今年もまだまだ雪が降るかもしれません。
できるだけ腰痛・ぎっくり腰の原因を排除しながら、身体への負荷の少ないように雪かきをおこない、痛みや不調なく、今年の冬を乗り切っていきましょうね!

(今すぐ腰痛・ぎっくり腰を改善させたい!相談したい!方はコチラ↓)友だち追加

腰痛や骨盤矯正に強い接骨院|おれんじ鍼灸接骨院
住   所
〒923-0832 石川県小松市若杉町ニ45番4
ア ク セ ス
JR小松駅から車で7分 若杉マルエーさんから車で1分!
代表施術者
瀬川 潤
受付時間
AM  8:30〜12:30
PM 15:00〜19:00
※予約優先制
定休日
日曜・祝日・土曜の午後
TEL. 0761-21-1777
インターネット割引