閉じる MENU
Google
facebook
Twitter
Instagram

交通事故に遭われたら

Traffic accident Learn

交通事故が起きた時に必ず行うこと
交通事故が起きた時に必ず行うこと

交通事故は、怪我や事故の大きさに関係なく、日常生活に少なからず影響を与えます。
その影響を最小限にするためにも、交通事故にあったら必ず下記のことを行いましょう!

必ず行うこと
相手の身元確認

自動車やバイクの事故では、免許証で相手の
確認を行います。

自動車やバイクでの交通事故の場合、必ず「免許証」で相手の確認をしましょう。
名前、住所、電話番号、ナンバープレート、車種、車体の色、さらに勤務先や所属する団体、学校なども確認し、記録しておくと後で役立ちます。
自転車事故で相手が身分証を持っていない場合は、本人に直接名前、住所、電話番号などを確認します。身分証が無ければその情報が正しいか分からないので、身分証不携帯の相手との事故は注意が必要です。

警察に連絡

自賠責保険に必要な「交通事故証明書」を
発行する為に警察への連絡は必須です。

通常、加害者に交通事故の報告義務がありますが、気が動転して警察への連絡を忘れている場合もあるので、加害者が連絡しない場合や、どちらが加害者かはっきりしない場合も含め、すぐに警察に連絡しましょう。自賠保険の請求手続きに必要な「交通事故証明書」を発行するためにも警察への連絡は必須です。(万が一、そのとき警察に連絡ができなかった場合も、後日必ず警察に連絡しましょう。)

事故現場・状況の記録

自賠責保険の請求や過失割合などに備えて、
交通事故の状況がわかる証拠を記録します。

自賠責保険の請求や過失割合など、後の手続きに備えて交通事故の状況がわかる証拠を記録しましょう。
記録しないと時間が経過すると記憶が曖昧になってしまいます。事故状況や現場の見取り図、事故の発生時刻や天気などもメモしましょう。交通事故の現場や車両の損傷部分は、スマートフォンや携帯カメラで記録すると便利です。

医療機関への受診、
保険会社への連絡

交通事故施術で保険請求できるようにするため
には、保険会社へも事故の連絡が必要です。

交通事故直後、身体に異常を感じられなかったとしても、交通事故による身体への影響を自分で判断せず、必ず専門の医療機関で検査を受けて下さい。(むちうち症状は後日出てくることもあります。)病院や接骨院(整骨院)にかかった費用は、後で保険会社に請求できます。
また、病院で検査を受けたら必ず「診断書」を発行してもらいましょう。

おれんじ鍼灸接骨院に来院

むちうち施術は交通事故対応の
実績と知識が豊富な専門院へ!

交通事故の怪我(むちうち)は、早い段階で施術を開始することが重要です。
・病院の役割は「診断」「検査」「投薬」など。
・接骨院(整骨院)の役割は「リハビリ」「生活指導」など。
むちうちの回復に必要な日々のリハビリ、後遺症にならないための施術は、交通事故専門施術が可能な「おれんじ鍼灸接骨院・整体院」にお任せください。

交通事故では身体全体に受ける衝撃は非常に強いものです。その影響による症状の変化をしっかり把握して検査するこが、交通事故施術においてはとても重要です。
交通事故では身体全体に受ける衝撃は非常に強いものです。その影響による症状の変化をしっかり把握して検査するこが、交通事故施術においてはとても重要です。
「整形外科」と「接骨院」の違い
整形外科
整形外科の交通事故による診察では、レントゲンや、CT・MRIなどの画像検査が行われます。

骨折や関節などに異常がないか画像検査をおこない、異常があればその部分(局所)に処置を行います。
検査の結果「特に異常ありませんね。」と伝えられたのに、首痛・腰痛・痺れ・違和感を自覚するケースも有あり、このような場合は主に「化学療法」(薬物の処方)が行われます。
鎮痛剤を処方されたり、湿布を処方して終わりという場合が一般的です。

接骨院(整骨院)
丁寧なカウンセリングを行い、身体全体の歪み・バランスの変化にも着目して施術(リハビリ)を進めていきます。

おれんじ鍼灸接骨院・整体院では、まず交通事故の状況も含めてしっかりとカウンセリングを行い、症状のある部位(局所)だけでなく、身体全体の歪み・バランスの変化にも着目して施術(リハビリ)を進めます。首痛や腰痛、その他の痺れ・違和感は局所に異常がある場合だけではないからです。
おれんじ鍼灸接骨院・整体院では、独自のむちうち回復プログラムで、むちうち症状を回復に導きます!

施術費について(自賠責保険の適用)
整形外科でも接骨院(整骨院)でも、交通事故が原因で起こったケガの施術には、自賠責保険を使用することができます。

自賠責保険の補償の範囲は「施術費・交通費・文書料」なども含まれるので、被害者(加害者)の負担は0円です。(一部例外や複雑な事例もありますので、個別の詳細は当院の専門スタッフにお尋ね下さい。)

現在、通院している医療機関からの
転院も可能です。

現在、通院している整形外科や接骨院(整骨院)から、おれんじ鍼灸接骨院・整体院に転院(変更)することも可能です。医療機関を変更する場合、特にどこかに許可を取る必要もありません。安心して当院にご来院、ご相談下さい。

整形外科と当院を併用し、リハビリすることも可能です。

整形外科(病院)で定期的に検査・化学療法を行いながら、当院で通院(リハビリ)を行うことも可能です。
お互いの特徴を生かしながら、後遺症にならないように、むちうち症状の回復を目指しましょう。

保証と慰謝料
交通事故の補償と慰謝料に適用される自賠責保険
交通事故によるケガの施術、施術にかかる交通費は
自賠責保険から支払われます

公道を走る車には自賠責保険への加入が必須です。
公道で発生した自動車事故・バイク事故の施術費用は、相手の自賠責保険から支払ってもらえます。

自賠責保険は、すべての自動車に加入することが義務付けられている強制保険です。

補償の対象は、交通事故などで他人を怪我・死亡させたりした「人身事故」の場合です。
交通事故による「傷害事故」「事故後の症状」の施術費、「死亡、死亡に至るまでの施術費」、診断書などの文書料、休業による損害、慰謝料、交通事故がなかったら得られたはずの逸失利益などが補償されます。

補償額は、被害状況に応じて決まっています。

交通事故の補償額は被害者一人当たり施術費は120万円、後遺障害や介護の程度によって75万~4,000万円、死亡時は3,000万円を最高限度額と制定されています。
損害保険会社は被害状況に応じて、算定基準から算出した保険金(慰謝料)を限度額の範囲内で支払います。

相手が自賠責保険未加入の時は、政府保障事業で自賠責保険と
同等の補償を受けることができます。

万が一加害者が自賠責保険に未加入の車だったり、ひき逃げなど相手が特定できない交通事故でも、自賠責保険と同等の補償を受けることができます。
ただし、被害者からの請求があった場合のみとなりますので、詳しい内容は当院スタッフにご相談・ご連絡ください。

自賠責保険が適用されないことも!

過失割合が100%の加害者の交通事故には、自賠責保険からの補償は受けられません。
その他、無免許運転や飲酒運転など、悪質な状況での交通事故でも、自賠責保険からの補償は受けられない場合があります。

おれんじ鍼灸接骨院・整体院は自賠責保険が適用されるので施術費はゼロ円です!
おれんじ鍼灸接骨院・整体院は自賠責保険が適用されるので施術費はゼロ円です!

(※一部例外はあります。)

おれんじ鍼灸接骨院・整体院では、交通事故被害に遭われた方の、施術はもちろん、自賠責保険の手続きについての無料サポートも行っています。
施術だけでなく、交通事故に関する疑問、不安やお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

交通事故救急ダイヤル0120-976-556
交通事故による施術は、 おれんじ鍼灸整骨院・整体院にご相談ください!
交通事故による施術は、 おれんじ鍼灸整骨院・整体院にご相談ください!
交通事故(むちうち)で辛い思いをされている方は、
交通事故施術で豊富な経験と実績のある、
おれんじ鍼灸接骨院・整体院に、今すぐご相談下さい。

ご相談・ご予約
お問い合わせ

LINEにて

LINE|24時間受付